もう一人の監督

本日も町一ファイターズとの合同練習。

最初はチーム同士の挨拶から

午前中、両チームのバンビ組はタオルを使ったレシーブ練習。

基本の形をしっかりと

午後は最近、鶴間JVCで流行っているちょっと変わったウォッシュゲームを。
6人を2人ずつの3ペアに分け、それぞれに別々のテープを体に貼って区別。
①同じ色の人が2回続けてプレイしてはダメ
②1回で相手に返してはダメ
③同じ人が1回目と3回目にプレイしてはダメ
の制約のもとにプレイしました。
最初は戸惑っていた子供たちが、予めプレイする順番を定めたり、声を出し合ったりして、工夫をして少しずつ進歩していって盛り上がりました。
(我が家の娘たちも、この練習が一番楽しかったと言ってました)

緑テープ、透明テープ、テープ無しの3ペアに

充実の練習最後には町一ファイターズの監督からもアドバイスをもらいました。
合同練習、練習試合の後に、必ず相手監督からもコメントをもらう、このスタイルってバレーボールだけの文化なのでしょうか?野球、サッカーなどではあまり見たことのない光景かと思うのですが・・・。

他チームの練習を見ること、他チームの監督からアドバイスをもらうこと、いずれも子供たちの成長にとても良いような気がします。

町一の監督の言葉に真剣に耳を傾ける子供たち

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。